飲食POSレジは飲食店経営では欠かせません!その理由とは?

飲食店

飲食店を開業する時には飲食POSレジを導入しましょう

レジ

飲食店を始めようと思うけれど、レジは何を導入したら良いのでしょう。
このようなお悩みを、飲食POSレジが解決します。

従来型のレジと比較して、
飲食POSレジを使うことには大きく分けて2つのメリットがあります。

1つ目は、業務が効率化されるということです。
入力が必要なレジに比べ、会計がスムーズになります。
入力ミスや現金の受け渡し時にミスが起こりにくくなります。
飲食店ならではの、テーブルごとの管理や
お客様の分割会計も簡単に行うことができます。
セキュリティ面でも安心で、不正もできないシステムとなっています。
スタッフ間の引き継ぎも簡単なので、アルバイトにも扱えますし
自動で集計されますので、レジを締める時の集計も必要ありません。
さらに、今後施行される消費税の複数税率にも対応できます。
このような面から、大きく業務時間を短縮することができます。

2つ目は、データ解析ができるということです。
飲食POSレジでは、リアルタイムでデータを自動的に集計をすることができます。
お客様の人数や客単価、売り上げの管理も簡単ですし
月、日別の売り上げや推移もわかりやすいです。
主力商品と非主力商品を見極めて仕入れに生かすことができますし
複数の店舗を展開していても
データを一元管理することができます。

飲食店を開業する際には飲食POSレジを導入するのがおすすめです。

お店の売上改善には飲食POSレジの導入がオススメ!

飲食店を経営してい方にとって売り上げは一番といっていいほど気になるところだと思います。売り上げがなかなか上がらず頭を悩ませていませんか?
そんなあなたにオススメなのが、飲食POSレジの導入です。飲食POSレジは、会計の内容をレジが細かく記録して単価や利益率、売れ筋商品などを分析できる優れたシステムです。また、複数のお店をお持ちの場合には、それぞれのお店ごとの売り上げの傾向も対比しながら解析することができます。
これによって、お店ごとにどのような商品が売れやすいのか、改善できる点がどこなのか、具体的に見つけ出すことができるのです。それを参考にお店を改善・強化していくことによって、きっと売り上げのアップに繋がることでしょう。
飲食店の経営はともすれば感覚的で曖昧なものになりやすいですが、飲食POSレジを利用することで統計的・客観的に売り上げや販売記録を確認することになりますので、弱みと強みをピンポイントで把握することが可能になります。
最近ではこのPOSレジを利用するお店もどんどん増えてきているため、利用しないお店との売り上げの差が顕著に表れてくるようになりました。その波に乗り遅れないためにも、ぜひ飲食POSレジの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

飲食POSレジで面倒くさいシフト編成を効率的に作成しよう!

飲食店の経営者や管理者にとって、毎月いろいろと悩まされるのがパートやアルバイトのシフト編成だと思います。スタッフ全員から出勤可能日や時間帯、希望する休日を聞き取りし、シフト編成に反映するには骨が折れます。そんな手間のかかるシフト編成を自動化できる方法を探していませんか?その希望を実現できるのが飲食POSレジの導入です。
飲食POSレジといえば、注文業務から精算までの効率化が図られる、営業時間外の集計作業や各種管理業務の効率化に有効というイメージが強くあります。しかし、多機能型の飲食POSレジはシフト編成も自動的に行ってくれます。店舗に設置した管理端末に契約で定められた条件以外の勤務可能日時の登録や希望休日を登録するだけで、システム側が自動的にスタッフの組み合わせを行います。経営者や管理者は情報収集を行う必要がなくなる上、パートやアルバイトのスタッフは勤務可能情報を紙に記入するということもなくなります。また、スタッフがシフト表作成後に休みたい、急遽休むという場合でも勤務可能なスタッフを選定できます。結果、複数のスタッフに出勤可否を問い合わせるという手間がなくなり、短時間で必要な人員を補充することができます。飲食店の人員配置を効率化するツールとして飲食POSレジは如何ですか?

注目記事

TOP